2017年11月30日(木)
「みんなで語りあおう官民境界」
11月29日(水) 十和田東公民館にて
(公社)青森県宅地建物取引業協会 十和田支部
(公社)青森県公共嘱託登記土地家屋調査士協会 共催、

一般公開セミナー
「みんなで語りあおう官民境界」が開催されました。


まさかの。。。 急な司会依頼。。。 なぜに自分?
一番依頼しちゃいけない人に依頼してますけど。。。

人生初司会、打ち合わせもないまま。。。
どうなることやら。。。

なるようにしかならない! 覚悟を決めて臨みました。


「筆界理論超入門」と題して、
様々な境界に関する問題や課題に取組まれている
弁護士 寶金敏明(ホウキン トシアキ)先生を東京から招き、講演いただきました。


「境界(キョウカイ)」 わかりますか?

土地に必ずありますよね!

境に杭が入っておりますが、
普段見ることは殆どないと思います。


寶金先生も言ってたように、境界って実はムズカシイ…
種類も多数あり、聞けば聞くほど、奥が深い!


今回は、パネルディスカッション形式で

土地家屋調査士/宅地建物取引士/弁護士
3名のパネリストに登壇いただき、

建設業/不動産業/金融機関/行政機関 等、
100名近くの来場者で埋め尽くされた会場からは
様々な分野から色々な角度で疑問質問が飛交いました。


それだけ現代社会において重要視されている、「境界」

今後も幅広く、様々な人たちに
意識改革、周知活動をしていくこととなるでしょう。


そして。。。
人生初司会の方も終了時、少しばかりの拍手もいただき、
無事に終えることができました。笑